多要素認証について

多要素認証とは

学外から学内システムを使用する際、セキュリティ強化のため、多要素認証(MFA)を用いて本人確認を行います。
多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)とは、複数の要素を用いて、
システム利用者の本人確認する認証方式です。学外からのSSOサインイン時には、
「本学メールアドレス」と「パスワード」に加えて、SSPR情報(電話番号もしくは認証アプリの利用)が必要です。

ポータルサイトに多要素認証及びシングルサインオンの説明ページがあります。
それぞれの詳細はそちらをご確認ください。 SSPR情報の登録は電話番号、認証アプリ、メールアドレスの登録方法をご確認ください。

多要素認証の利用方法

多要素認証が実施されるのはメールアドレス、パスワードが必要となる時と同じです。
すなわち、パソコンの再起動やブラウザ(Firefox,Chrome,MicrosoftEdge等)の再起動を
行なうとその都度多要素認証が必要となります。
  1. メールアドレスを入力し「次へ」をクリックします


  2. パスワードを入力し「サインイン」をクリックします

  1. サインインをクリックすると、以下の画像が表示されます。
    ※既定のサインイン方法によって表示が異なります。
     確認方法は、こちらの1を参照してください


  2. それぞれの「IDを確認する」方法をクリックすると詳細が表示されます。

    Microsoft Authenticatorアプリで要求を承認する

    5.「Microsoft Authenticatorアプリで要求を承認する」をクリックすると、
     以下の画像が表示され、登録したデバイスに通知が来ます。
     ※認証アプリの使用ができない場合は、[Microsoft Authenticator アプリを現在使用できません]をクリックすると、
      利用するデバイスの選択画面が表示されます。
     
    6.登録したデバイスの[サインインを承認しますか?]をタップすると、
     承認画面が表示されます。[承認]をタップすると、認証は完了です。
     ※デバイスによって表示される形式が異なります
     
     

    確認コードを使用する

    5.「確認コードを使用する」をクリックすると、以下の画像が表示されます。
     
    6.アプリを実行し、表示されたコードを入力すると、認証は完了です。
     *WinAuth
      
     *OTPManager
      

    (登録した電話番号に)SMSを送信

    5.「(登録した番号)にSMSを送信」をクリックすると、以下の画像が表示され、
     登録した電話番号に確認コードが届きます。
     ※SMSが届かない場合は、[別の方法でサインインする]をクリックすると、
     利用するデバイスの選択画面が表示されます。
     
    6.SMSを開き、表示されたコードを入力すると認証は完了です。
     

    (登録した電話番号に)電話をかける

    5.「(登録した電話番号)に電話をかける」をクリックすると、以下の画像が表示され、
     登録した電話番号に自動音声通話が発信されます。
     
    6.電話の指示にしたがい、「#」を入力すると認証は完了です。

多要素認証の既定変更方法

  1. セキュリティ情報にアクセスし、メールアドレス、パスワード入力後、
    多要素認証情報を入力してください。
    (多要素認証の利用方法と同じように操作してください。)

  2. 以下の画像が表示されますので変更をクリックしてください。
  3. 登録されているSSPR情報が表示されますので、変更したい項目を選択し、[確認]をクリックしてください。
    (モバイルアプリ(WinAuthまたはOTPManager)は[Authenticator アプリまたはハードウェア トークン - コード]を選択してください。)
  4. 以下の画面が表示され、既定のサインイン方法が更新されていれば、設定完了です。
TOPに戻る

神戸女学院大学 ポータルサイト